猫-267 遠藤部長 【里親様、一時預かり様 募集】(遠藤部長の基本情報はこちらをクリックして下さい)
部長2


ボランティアスタッフのかびごん@仙台です。
今日は、里親様、もしくは一時預かりボランティア様を募集している「遠藤部長」をご紹介します。


シェルター内で聞こえてくる会話に、頻繁に登場するワード。
遠藤部長

シェルターにいる遠藤部長とは、どんな人?
…と、最初はきっと誰しも思うと思いますが、遠藤部長はヒトではないんです。

紹介します、ハチワレが可愛い遠藤部長です(*^^*)
遠藤部長@福島3


遠藤部長は、2012年12月23日、富岡町にてにゃんだーガードの特餌隊に保護されました。
まず、保護当時のことを記したこちらの記事をご覧下さい。
http://nyanderstaff.blog.fc2.com/blog-entry-773.html

人がいなくなった町を、ごはんを求めてどのくらいさまよっていたのか…。
骨格も良いこの子が、ここまで肉がそげおち、まともに歩くこともできなくなるくらいになるまで、
どれほど苦しい思いをしたのか、どれほどおなかがすいていたのか。

思いをめぐらすだけで、胸が締め付けられます。

この時差し出された「温められたウェットフード」
冬の寒い時に、圏内でつらい思いをしている猫たちの為に…と、全国の皆様からいただいた
温かいお気持ちのつまった支援品です。
この子にとって、それはどんな味がしたのでしょう。

特餌隊によって命を助けられ、シェルターで体の回復を待つ保護直後の遠藤部長。
遠藤部長保護時 まちさん


そんな遠藤部長は、猫エイズと猫白血病の両方が陽性(ダブルキャリア)のため、
他の猫さんとは隔離された事務室にいます。
ダブルキャリアの子の専用部屋が他にあるのですが、特に注意を要する遠藤部長は、
スタッフさんの目が行き届くように…と、このお部屋(事務室)にいるのです。
シェルターに住みこんでいる常駐スタッフさんは、「夜中に部長の容態が急変してもすぐに気付けるように」と、
自分のお部屋ではなく、事務室の遠藤部長のケージの目の前にお布団を敷いて寝てくれています。
部長6


遠藤部長は、背骨の奇形があり、進行性のリウマチ様疾患にも罹患しているので、
体を動かす度に痛みが走ります。
レントゲンを見ると、骨がギザギザと突起し、他の骨とぶつかるので、とても痛むはずです。
そのため、ケージの中で一日中大人しくすごしている遠藤部長。
苦しいはずなのに、実はとっても甘えん坊でヤキモチ焼きなんですよ。

同部屋の猫-161 カズ君(里親様募集中:カズ君も白血病+のため、遠藤部長と同じ部屋にいます)は、
とても甘えたがりのスリゴロにゃんこで有名なのですが、
部長のお世話をしているスタッフさんが、遠藤部長の前でカズ君を抱っこすると、
ヤキモチを焼いて「にゃーにゃー」と可愛い声で鳴くんだそうです。

だから、カズ君を抱っこする時は、部長の見えないところでするんですとお話してくれました。
きっと、僕のこともかまって~。可愛がって~。と言っているんでしょうね。
もちろん、スタッフさん達もボラさん達も、皆さん遠藤部長のことを愛情をもってとても可愛がってくれています。
部長1


ダブルキャリア、リウマチ様疾患と、今現在あまり状態の良くない遠藤部長。
肺水腫もあるため、呼吸が浅くなったり、早くなったりすることも増えてきました。
(これは、水がたまった肺に酸素を取り込もうとしているためで、チアノーゼが出ていない限り、
今のところ特に処置は必要ないとのことです。水が多い時には病院で抜いてもらっています。)

それでも、どんな猫さんだって、甘えるのは大好き
自分を可愛がって、愛情をかけてもらいたいと思っているんです。
どんな猫さんだって、幸せになる権利はあるはずです。


冨岡町で必死で生きてきた遠藤部長。
誰もいなくなった場所で、一生懸命、飢餓と寒さに耐えてきました。
そして今度は、必死で「病」と闘っています。
遠藤部長 しーたろさん



そんな遠藤部長に、どうか、「温かい家庭での生活」を与えて下さいませんか?

遠藤部長の里親様になってくださいませんか?
一時預かりボランティア様になって下さいませんか?
(※一時預かり様の場合、預かり中にかかった医療費につきましては、にゃんだーガードで全て負担させていただきます。)

遠藤部長の現在の病状をご理解いただき、なるべくなら他の猫さんがいないご家庭で。
また、今の部長は容態が変わりやすいので、なるべく彼に目が届く時間の長いご家庭を希望しています。

遠藤部長は、ご飯もきちんと食べてくれていますし、お水も飲んでくれます。
排泄も、トイレで自分でしてくれます。
なでてあげるとゴロゴロ言って喜んでくれて、頭や体を触ることもできます。
最近はお薬が効いているのか、自分で毛繕いもするので、毛繕いした部分の毛はほわほわです(*^^*)
遠藤部長 sasatさん


どうかお願い致します。
今までとてもとても頑張ってきた彼に、本当の幸せを知ってほしいのです。
温かい家庭で、愛情をたくさんかけてもらってほしいのです。


この記事を読んで下さった皆様、ありがとうございます。
ご自分のおうちにお迎えするのは難しくても、お友達やお知り合いに、お声をかけていただけませんか?
拡散にご協力いただけませんでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。


*******************************************************

◆現在の遠藤部長の病名と、シェルターでの処置内容◆

病名 :猫白血病、猫エイズ キャリア
    :進行性リウマチ様疾患
    :背骨の奇形
    :肺水腫
    :慢性腎不全

処置 :アモキシシリン(抗生物質) 0.2g 1日2回
    :プレドニゾロン(ステロイド) 半錠
    :通院しての静脈注射 週1回


◆病状説明◆

ダブルキャリアではありますが、まだ顕著には発病はしていません。
リウマチ様疾患があり、レントゲンの結果でも足、背骨に骨の脱乖(だっかい)が見られ、
激しい疼痛あるために時には機嫌が悪くなることもあります。
更に慢性腎疾患もあり、現在はステロイドと補液で治療しています。
※リウマチと確定させる為には検査をすることも可能ですが、主治医と相談の上、
 現在は苦痛を和らげるための治療を優先している為、まだ検査はしていない状態です。
 痛みや内臓の状態を改善し、通常の状態に近づけてから、病状の原因を探っていくという方針を取っています。


ステロイドの長期使用は避けたいところですが、本人が痛みなく、気分良く日常を送る為ですので、
治療のご理解をいただきたく思います。

健常猫のように、走り回ったり、飛んだり跳ねたり等一切できず、ゲージ内で1日中横になっていますが、
狭い範囲内でのトイレ移動等は自分でできています。
病気を受け入れ、最期まで看取る覚悟のある方に、残りの猫生を温かく見守って頂きたいと願ってます。

保護されたからこそ、今このような状態でも生きることができていますが、
被災地に残されたままだったら、とっくに消えていた命のはずです。
彼に、温かい家庭で幸せを享受するチャンスを与えてあげて下さい。


◆一時預かりボランティア様の医療費について◆
一時預かり期間内に生じる医療費は、すべてにゃんだーガードで負担致します。
病院で処方された療法食につきましても、同様です。
※一般のフードやペットシーツ等の消耗品につきましては、恐れ入りますが、
一時預かりボランティア様にてご負担をお願い致します。


*****************************************

にゃんだーガード@福島には里親さんを待っている動物達の情報が載っております。
里親希望の方はにゃんだーガード@福島からメールをお送り下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  

ブログランキングに参加しております。
応援クリックをお願い致しますm(_ _)m
*ブログ村は、「猫里親募集中・犬里親募集中」に参加しております。

☆★mixiに「にゃんだーガード 公式コミュニティ」ができました!
たくさんの方のご参加をお待ちしています。☆★
※mixiを利用するには登録が必要になります。

スポンサーサイト
2013/08/07Wed 20:00里親さん探し中 | コメント:(0)
コメント:

管理者のみに表示