猫-96 (仮名:ロン) 【新しい家族が見つかりました】

ロン

*本日2件の記事をUPしております。


ロンお持ち帰り日誌 2012.5.19~20


ロン2


ロンはシェルターでは健康優良児。
他の猫に挑発されても動じない大人しい子で、どちらかと言えば目立たない存在でした。
ただ、自己主張は少ないですが、ロンは多頭でも大丈夫な肝っ玉の座った子です。

そんなロンが今日は主人公です。


ロン3


ロンの里親S様は東京の杉並の方で、元々夫婦と5頭で暮らしていました。
しかし、昨年一番思い入れのあったトロを悪性リンパ腫で亡くしておられます。
もう一度5頭との生活をと思い、
最近里親募集サイトそれも被災猫中心にトロのおもかげを探していたそうです。
ロンの写真を募集記事の中で見つけた時は、トロとそっくりであったことに驚いたそうです。
書かれていた性格や、ロンの写真を見れば 見るほど、トロと共通点があり「
ロンと一緒に暮らしたい」とS様は強く思いました。

。。。そして、ロンの糸をたぐりよせました。
強いて言うなれば、グイッと引っ張ったと言う表現が合っているかも知れません(^^;)

平日は仕事なので時間がある日曜日に一日様子を見たいとのことで、
土曜日にシェルターまでお迎えに来ていただきました。
卒業写真です。

ロン9



日曜日に訪問させていただきました。
そこには何年も暮らしていたかのようなロンがリラックスしていました。


ロン4


さすが大物。ダテにうんちが大きくて臭いだけのことはあるな(爆)


ロン5
(ももたろう特別出演!)


旦那様は「トロ」と「ロン」を合わせて、思わず「トロン」と呼んでしまった ようです(笑)


ロン6



夜遅いため少しだけお話して退散しました。
S様はロンでなければとラブコールを送られ、
他の先住達にとってもロンにとってもいい組合せだと思いました。
S様は私達が帰る直前まで、ロンのお世話についてずっと考えてくれていて、
「留守時間が長いから」「あまり広くない家で申し訳ない」と心配されていました。
病気への対応や、日頃の猫達のお世話や管理について、
様々なことをお聞きし回答を頂いていた私達は、ロンがS様の元で幸せになると確信していました。
それでも尚、ロンのことを心配して下さるお気持ちに、二人とも胸が熱くなり、涙が溢れていました。


以下、訪問後にいただいたメールです。

この度は無理をお願いして、本当に申 し訳ありませんでした。
二人家族で5匹目は難しいと言われた時点で一度は諦めかけたのですが、
やはり何かしらの心残りがあったのだと思います。
我が儘を聞いていただき、心から感謝をしています。
以前ある人から「幸せな猫ちゃん達ですね」と言われた事があるのですが、
私は『いえいえとんでもない、幸せにしてもらっているのは私のほうなのですよ』と答えました。
いつかロンが、この家に来てよかった、私の息子になってよかった、と思ってくれたら、
里親冥利につきますものね。
そう思ってもらえるよう、精一杯の愛情を注いで行きたいと思います。
本当に本当に、ありがとうございました。

昨夜ロンは私の枕の上に乗ってきて、一緒に眠りました。
亡くなったトロが毎晩そうして いたのと、まったく同様にです。
自分の気に染まない事があると、「う~」と唸るその声もしぐさもそっくりです。
土曜日の夜は一緒にお風呂に入りましたが、湯船で私の首に手を回し、
気持ち良さそうにしている所も瓜二つでした。
トロの生まれ代わりだと信じ、精一杯可愛がって行きたいと思います。
本当にありがとうございました。
ちなみに今朝私が出勤する時は、東側の大きなタワーの上から全員で見送ってくれました。
今朝ロンに向かって「シャー」と言ったのは、すずだけでした(笑)


ロン7


ロンと4匹の猫ちゃん達、そしてS様ご夫婦が幸せに暮らせますように。



にゃんだーガード@福島には

里親さんを待っている動物達の情報が載っております。
里親希望の方はにゃんだーガード@福島から
メールをお送り下さい。

シェルターでの様子はにゃんことバーベキューからご覧下さい。
*皆様のご支援が動物達の生活を支えております。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  


ブログランキングに参加しております。
応援クリックをお願い致しますm(_ _)m
*ブログ村は、猫里親募集中・犬里親募集中に参加しております。
スポンサーサイト
2012/06/11Mon 21:45里親さんの元へお届け | コメント:(0)
コメント:

管理者のみに表示