【ねこ日記】 ~ 初めての第二シェルター ~

ボランティアスタッフのりちぇです。
実際の動物ボランティアは初めてで、震災後の福島入りも初めてでした。

私が猫部屋に泊まれたのは滞在最終日の数時間でした。

学生チームの御厚意がなかったら、ずっと無人部屋に泊まってたかも。
学生チームの皆さんありがとう!

もう夜中だったので寝る準備はしてたのだけれど、
私が泊まった1-Aは黒すずとくま太郎、新しく保護されたばかりの、めぐちゃんの3匹。
一番懐っこかったのは黒すず。

猫-90 (仮名:黒すず) 【里親さんを募集中】
黒すず

入ると寄ってきて膝の上に乗ってきたりの甘えっこ。

人馴れしていなくて警戒心を持っている 猫-118 くま太郎 【里親さんを探しています】
部屋に慣れされる為にゲージに入れている 猫-135 めぐ 【里親さんを探しています】 

 
明日も早いので電気を消していざ就寝…と思った矢先、
暗闇の中でくま太郎と黒すずが喧嘩を始めちゃったので、
慌てて電気を付けて、対処が分からなかったけど、なるべく二匹の間に割って入りました。

そこへビックリしたくま太郎からすかさずねこパンチ!

くま太郎はメンバーさん達もあまり撫でたり出来ないらしく、
人が近づくと警戒して逃げます。あまり刺激しちゃうといけないので、
見つめる時はなるべく目線を低くするよう気をつけました。

 
初日の朝の時点では押入れの一番上から、じーっと見下ろすだけで近づいてすらこなかったのですが、
少しずつ彼なりに50cmまで距離を縮めてきてくれてるようでした。

くま太郎1


黒すずは毎晩鳴くそうで、後から聞いたのですが、
以前同じ部屋にハニーともう一匹が住んでいたそうです。
きっとその子たちを探そうとしてたのでしょうね。

時々こちらの顔を見て鳴くのも、どこいったの?って聞いてたのでしょう。
黒すずはくま太郎が怖いのか、くまが近づいてくると怯えて逃げます。
くま太郎は黒すずが気になるので、近づいてちょっかいを出すの繰り返し。
なのでその時は黒すずを抱き抱えて、くまが必要以上に近づいてこないようにするしかなくて。

 
私は動物を飼った経験が無いので、接し方とかも分からないのですが、
くま太郎も黒すずもエイズキャリアを持っていると書かれていて、
猫同士の衝突は避けなければなぁとは思っていました。

すずは少しだけ寝てくれたけど、くまがまたちょっかい出すから:(;゛゜'ω゜'):
仕方ないので近くにあったおもちゃで黒すずと遊んであげました。
うにゃあ!ってめっちゃ食いついてましたw

 
黒すずは時折、床を指でトントンって叩いてあげると寄ってきて床に寝転がってじゃれてくるで、
そういうしつけをされてたのかなって思いました。

すずが鳴くのを諦めたのか、寝に行ったのはもう4時半過ぎてました。
くま太郎も自分の位置に戻って就寝。

くま太郎2

めぐちゃんはその一部始終をじーっとゲージの中から見つめてましたw

私は犬と比べて猫には好かれづらいのですが、
ダイエット中のくぅちゃんとかは、入ってすぐに膝の上に乗ってきてくつろいでました。

 
のあ1 めぐ


めぐちゃんは撫でてる間は喉を鳴らす感じで、撫でるのを止めると静かになるので、
喘息なのか怒ってるのかちょっと分からなかったのですけど。

手を甘噛みされたり舐められたりしたのですが、
ゲージを閉めると柵の間に頭をくっ付けて、撫でてって感じで待ってたので
甘えてもらってはいたのかなって思いました。

またいつかお手伝いに来れたら行きたいと思います。




にゃんだーガード@福島には

里親さんを待っている動物達の情報が載っております。
里親希望の方はにゃんだーガード@福島から
メールをお送り下さい。

シェルターでの様子はにゃんことバーベキューからご覧下さい。
*皆様のご支援が動物達の生活を支えております。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  


ブログランキングに参加しております。
応援クリックをお願い致しますm(_ _)m
*ブログ村は、猫里親募集中・犬里親募集中に参加しております。
スポンサーサイト
2012/05/09Wed 21:45シェルターボランティア日誌 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示